▽◆about my note△■

重力と老化の関係。座る時間が長くなると寿命が縮む?

こんにちは、nell(@nell7pizzaworks)です。

2016年11月16日放送の試してガッテンの放送で、

重力と老化の関係についてとても勉強になったのでご紹介します!

とくに海外旅行で飛行機に長時間乗る際や、

仕事で長時間座っていることが多い人は、危険です!

というのも、1時間座ると22分寿命が縮むという研究結果があるくらい、

長時間座っていることは私たちの体に悪影響を及ぼすそうです。

その原因は宇宙にヒントがありました。

参考書籍:

宇宙と老化の関係

実は宇宙では地上の10倍老化が進むと言われています。

宇宙から帰ってきた宇宙飛行士は筋力が50%低下していたり、

心肺機能、視力、認知機能、骨密度の低下などが起きたりすると言われています。

特に骨密度の低下は、老人の1年分の変化がわずか1カ月間で起こってしまうそうです。

一番の原因は無重力といわれてますが、

それでも宇宙飛行士は1日3時間運動しているのに筋力が低下してしまうのはなぜなのでしょう。

その原因は無重力空間にいると内耳の耳石に異常が起きてしまうからだそうです。

耳石とは重力を感知する装置で体の傾きを知ることができ、

全身の筋肉に繋がっています。

無重力状態の宇宙では耳石が機能しないので、

運動しても筋力が低下してしまう大きな原因だと考えられています。

この無重力状態と同じようなことが私たちの生活のなかでも起きている!

実は近年、

座り続けることで無重力と同じような悪影響を体に及ぼすことが明らかになってきています。

がんのリスクが上がったり、骨密度の低下、代謝異常、認知機能の低下、循環機能の低下・・・

などなど、様々な悪影響を及ぼすそうです。

実はこれも耳石に大きな原因があると考えられており、

無重力状態と同様に座り続けているときも耳石はあまり動かないためだそうです。

実はこの「耳石が活発に動かないこと」が大問題!

耳石は全身の筋肉や自律神経(内臓や血管をコントロール)とつながっています。

そのため、耳石が活発に働くと、筋肉の活動がよくなるだけでなく、

心臓などの働きも良くなって血流が活発化し、

コレステロールや糖の代謝もよくなるそうです。

一方、耳石があまり動かないと・・・

全身の筋肉や自律神経の働きもおとえろえ、

筋力の低下や循環機能低下、代謝の異常など様々な悪影響が起こると考えられてます。

耳石を効率的に動かすことが大事!

NASAの研究によって“30分に1度立ち上がる”ことで健康を維持できることがわかりました。

30分に一度というデータはNASAの研究からわかった数字で、
1番健康な状態の人は1日当たり32回立ち上がっていることが明らかになりました。

1日8時間睡眠をとるとして、

残りの16時間÷32回=30分おきに立ち上がり動作を1回行っている、という計算です。

実は「立ちあがる」という動作は、

頭が前後左右上下に動くため、耳石を効率的に動かすことができます。

どうしても海外旅行に行くとなると飛行機を使うため座る時間が長くなりますよね。

ちなみに日本人の座っている平均的な時間は1日9時間だそうです。

座っている時間が長い方は、ぜひ30分に1度は中断して立ちあがってみてください!

※体が不自由な方など立つのが難しい場合は、

頭を左右に振るだけでも耳石を動かすことにつながるらしいです!

重力と老化の関係性についてはこちらの本に詳細が記載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)