▽◆about my note△■

イギリスビザ取得、でも行かなかったという選択について今思うこと

現在2人からイギリスビザについての問い合わせがありました。

 

今年もビザの審査がだいぶ遅れているそうです。

待つってしんどいですよね…。

私も2週間で来る予定が4ヶ月待ったので、

待つことが辛いのは痛いほど分かります。

あれから一年経とうとしている現在、思うことがあります。

ビザを待っているしんどい時間は私にとって

決して無駄な時間ではなかったと。

だって、いろんな経験ができたから。

当時、イギリスに行くために仕事を辞めていたので、

無職ってことにはめちゃくちゃ焦りはありました。

でも時間がたくさんあったから日本語教師として自分で稼ぐ経験ができたり、

(おかげで外国人の友達がたくさん増えた)

イギリス移民局に電話で英語を使って問い合わせしたり、

グーグル検索して英文メール書きまくった。

さらに毎日のように英語でイギリスビザ情報を検索してたな。

あとは副業としてイラストを書いたり、

デザインの勉強をしたり、

ブログを開設して情報発信したり、

情報発信のおかげもあり、デザイン会社でアルバイトできたり、

いやぁ、有意義だったな。

大金を稼いだわけではなかったけど、自分にとって投資の時間だったのかと思う。

そういった経験のおかげで理学療法士からデザイナーに転職できました

採用理由は生命力がありそうだったから

らしい。。。😹

そりゃあ、イギリス移民局と戦っていたら生命力と精神力つきますわ。

それと

今思うに暇って最強だと思う。

転職してからだと1日9時間会社に自分の時間をあてなきゃならんから

デザイン以外に好きなことやろうとしても、なかなか時間がとれないしね。

待っている間はなんにでもできる時間。

好きなことができる時間。

人にとって使い方はさまざまだから、こうしたほうがいいとかないけど。

私みたいなイギリス行こうと思って、ビザを取ったけど、結局行きませんでしたっていう

ことも生き方として参考になればよいなと思います。

人生どうにかしようとすれば、どうにかなるから大丈夫です。

運が悪いようにみえて、あとあと運がよかったのかもと思えるようにすればいい。

生きたいように生きましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)