▽◆about my note△■

GoogleやFacebookも注目する世界で最も小さな単位「Nanodegree」の威力。

生活がデジタル化していく中で、教育にも学位に対する新しい考え方が生まれてきています。

高い学費を払ったり、奨学金を借りて大学に行く時代が変わりつつあります。

例えば、大手企業のUdacityがGoogleと提携して開発されたとても小さな単位、

「Nanodegree」ってご存知ですか。

「Nanodegree」とはウェブ上である特定のIT系の分野のオンライン授業を数ヶ月受ければ取得できます。

このオンライン上の小さな単位ですが、GoogleやIBMなど大企業に認知されているため、取得していることで、IT系の会社に就職する上で有利に働く可能性があるんです。

例えば、私は医療系のアプリ開発に興味があるので、実際にどういうプログラムなのか説明していきます。

ちなみにIT系は全くの初心者ですので悪しからず

iOSの開発者になるには。〜i Phoneやi Padのためにアプリを作る〜

iOSの開発者になる流れとしては、ざっくりと説明。

まず始めに提供されるプログラムを学び

最初のアプリを作り、

最終的にアプリ開発者として仕事をみつける、

という感じです。

プログラムのレベルは個々のスキルに合わせて、始めるレベルが異なります。

Googleを含む3社によって共同製作されています。期限は6ヶ月。

IOS開発者の基本給は44700〜116000ドルなので、約505万〜1310万円!?(1ドル113円で日本円に換算)

これって年収よね??なんかすごいですね。おいついてません・・・。

ナノディグリープログラムのシラバス

Pitch Perfect 〜シマリスやダースベーダーのような音を出したことはある?〜

最初のプロジェクトはユーザーの声を録音して様々なフィルターを通し、
面白いオーディオで流せるアプリを作ります。 
(なんだかものすごく面白そう😆)

補助してくれるコース【Intro to iOS App Development with Swift】

MemeMe 画像からmemeを作るアプリを開発し、iOSユーザーインターフェースの知識を固めよう〜

IT知識0の私としてはmeme? ユーザーインターフェースって?って感じなので以下解説。

memeとはインターネットスラングらしいです。👇

インターネット・ミーム(Internet meme)とはインターネットを通じて人から人へと、通常は模倣として拡がっていく行動・コンセプト・メディアのことである。 

出典:Wikipedia

これがmeme👇

meme

じゃあユーザーインターフェースって? これを省略したのがUI!

・ユーザーインターフェース(UI)
コンピュータを扱うときに利用者が情報を受け取ったり入力したりするための仕組み。

出典:はたらくビビビット

あんまりよくわからないですが、

インターフェースが何か2つものの間でじょうほうなどのやりとりを行うときの方法のことを呼ぶのであれば、
ユーザーインターフェースとは、利用者とコンピューターの窓口みたいなものでしょうか。

補助してくれるコース【UIKit Fundamentals

On the Map 〜ネットワークを取り入れてアプリを真に可動させよう〜

このプロジェクトでは、初めてのネットワークアプリをつくります。
他のUdacityの生徒によって提供された情報を示せるようなアプリです。

生徒の場所を示すピン付きの地図をつくり、ピンをタップすることでそのアプリは生徒によって提供された独自のURLを表示します。

補助してくれるコース【iOS Networking with Swift

Virtual Tourist 〜ここちよいソファにいながら世界を旅しよう〜

このプロジェクトではあなた自身の居場所から世界を観光できるようなアプリを作ります。

利用者は地図上にピンを置き、その場所の画像をダウンロードしたり、自分のデバイスにお気に入りを保存できます。

補助してくれるコース【iOS Persistence and Core Data

You Decide! 〜iOS開発者として技術的なスキル以上を必要とするような仕事を見つける。〜

今までナノディグリーで学んだすべてに頼り、今こそあなた自信のアプリを作りデザインし、実現させよう。

補助してくれるコース【How to Make an iOS App

このプロジェクトで何が得られるのか
  • 就職のためのポートフォリオ
  • プロジェクトの個人的なフィードバック
  • サポートしてくれるコーチとの意見交換
  • キャリアガイダンス(面接、履歴書)
  • コースに必要な教材を得られる
  • Udacityスタッフやメンターとの1対1の面会の約束
  • 有効なナノディグリーの証明書
  • 専門的知識をもつインストラクターが教える最高の授業
無料体験7日間でき、2つの料金プランがある。

ナノディグリープログラム

  • 一番人気のプログラム。
  • 12ヶ月以内に卒業すれば、授業料の50%が返金される。
  • 199ドル/月 (月に約2万2千円くらい)

ナノディグリープラス

  • のプログラムに参加すれば卒業する6ヶ月以内に雇われる、もしくは授業料の100%が返金される。
  • 299ドル/月 (月に約4万円くらい)

どちらもプログラム内容は同じなのですが、ナノディグリープラスになると仕事の保証がつくんですw

これすごくないですか‼︎。
あんまりナノディグリーに関する情報が日本語ではないのですが、実際にやった人の話を聞いてみたいです。

ちなみに日本でプログラミングなどをオンライン授業で学ぶとなると1ヶ月10万くらいはしますので、そう考えたらこの値段は安いかもしれません。

ただ英語力と専門用語の知識はやっぱり必要になるのではないかな、と思います。

じゃないと授業についていけなさそう。。。

必要なこと・もの

必要なこと👇

  • 高いモチベーション。
  • 継続的に締め切りに間に合わせなければならない。
  • 少なくとも週に10時間は作品に時間を費やす必要がある。
  • 友人とのコラボや、相互的なフィードバックはプログラムが成功する上で評価される。
  • コミュニティに参加したり貢献しなければならない。

必要なデバイス👇 

Mac computer running OS X 10.11.5 or later

 

時間はあるので、英語の勉強はちょっとストップしてトライアルだけでもやってみようかしらと企んでます😎
というのも、このプログラムは基本的に英語なので、一石二鳥だと思ってます✌︎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)