【TED解説】マット・カッツ「30日間チャレンジ」

 

このTED TALKSはまず始めに見るべきTED -選に選ばれているほど、有名です! 

もちろん、内容も面白いんですが、

 
分かりやすい英語で約3分程度にコンパクトにまとめられているので、
 
最後まで飽きずに見ることができます!

 

英語学習者にも楽しく学べる最適なTEDだと思います😆

日本語訳もありますよ♪

 
 
 

簡単にどんな内容かというと、とてもシンプルです。

題名のとおり、

30日間なにか興味もっていることや好きなことをやり続けてみましょう!という内容。

 

そうすれば、

あなたは30日間好きなことを生活に追加するだけではなく、

代わりに何を生活から取り除くかを考えることができます。

そして小さなチャレンジを継続的にしていれば、身につきやすくなりますが、大きいチャレンジは続きにくいです。

 次の30日はどう過ごしてても、やってくるのです。

 じゃあ、なぜあなたは待っているんですか。

 やりたかったことをやってみるいい機会じゃないですか。次の30日間で。

これはマンネリの生活に飽き飽きしていたマット・カッツが何か新しいことに30日間チャレンジをした実体験から感じたことです。

💫ここから学べること

 

1日の時間は限られています。 

例えば、私が理学療法士として働いていたときは、

約8時間働いて、帰ってきたら夕飯を作って、お風呂入って、洗濯物をしてなどして

 1日がルーティンに過ぎ去って行きました。

 

人によって時間の使い方は様々ですが、

やらなきゃならないことばかりやって忙しいって言ってたら、すぐに明日がやってきてしまいます。

 

 じゃあ、何か興味のある新しいことを1日に追加してみましょう。

 例えば運動したい、痩せたい!と思ったとして、毎日ジョギングを30分間してみましょう。

でも忙しくてそんな時間はとれないと思うかもしれません。

 だったら、なにか浪費している時間を生活から引き算しましょう。

 

例えば、テレビを見ている時間、SNSばかり気にしてしまう時間、睡眠時間などを生活から差し引くことで、

自分のやりたいことができる時間を作ることができます。

 同時に何が自分のやりたかったことか、無駄な時間を過ごしていないかを整理することもできるでしょう。

 

主観的な話になりますが多くの人が時間に追われている気がするんですよね。

有意義だと思える時間を能動的に作っていかなきゃならない気がします。

 

そして10分間でも、いいし、30分間でも人それぞれの好みでいいと思いますが、小さな変化を毎日続けることでそれは身についてきます。

小さな変化が大事かもしれません。

 

私も一度ダイエットに挑戦して、食事の量を減らすというチャレンジをしたことがありますが、これは私にとって大きな変化かつ、辛かったので続きませんでした笑

 

 一方、英語を学びたいという気持ちがずっとあった私は出勤前にオンライン英会話をほぼ、毎日やっていました。

 そのおかげで、英語での面接に合格し、イギリス1年間の切符を手に入れることができました。
(ただビザがまだ来なくて、いけてませんが・・・・・・・・😂、もう一年間じゃないし)

 

ある意味、何かを生活に追加することで、自分の貴重な時間をあたらめて考えることができるいい機会かもしれません。

 ぜひお試しを✌️

現在、私はずっとお世話になっていたオンライン英会話Native Campをやめて、

 「ナノディグリープログラム」という英語でプログラミングを学ぶことに毎日ちょっとずつ挑戦中です!

フリートライアル中。

 まず、X codeというソフトをダウンロードするために

 MACのOSをアップロードするところからエラーが発生してて、今朝りんごストアに問いあわせたりしている現状です。

 プログラミングの道は遠いぞ!笑

 

Sierraへのアップグレートの時間4時間とか長すぎですw

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)