▽◆about my note△■

日本語ができること自体があなたの素晴らしいスキル。

はじめに -日本語ができること自体がスキル-

最近、日本語のコミュニティチューターとして、italkiという言語交流サイトを利用しながら、日本語を外国人に教えるというプチバイトをしています。

※italkiについての関連記事:高額なお金を払わなくてもコスパのいい英語勉強法はこんなにもたくさんある。

今までなかなか気づかなかったんですが、世界の人からみたら日本語ができること自体がもはやスキルなんです。

世界の中で英語を喋れる人はたくさんいます、母国語が英語ではない人も英語を勉強している人は多いです。

でも日本語を勉強している人って世界の人口からしたら割合は少ないから、とても貴重な言語なのかもしれません💡

インターネットを使用する日本語使用者は全体の3.5%しかいない!

世界の人口は約74億人で年々増え続けていますが、一方日本の人口は現在 1億2675万人で年々減少しています。

平成29年7月1日現在(概算値)総務省統計局(人口推計)

これだけみても1/74❌100=1.35…%。つまり日本の人口は世界のと比べて約1〜2%にすぎない。

日本語ができること自体、超レアです。

その世界の総人口のうち、インターネットだけ使っている人だけを数えたのが、「全インターネット人口」のことです。

下記の国連のデータはwebで使用されているトップ10の言語を示しています。(2015年のデータ)

スクリーンショット 2015-10-05 13.44.45source: Internet World Stats – http://www.internetworldstats.com/stats7.htm

このデータによるとインターネットを使用する日本語話者の数は、約1億1500万人です。

これが全体の何%かというと、表にもあるとおり、たったの3.5%です!

これだけ少なかったら、外国人からしたら日本語が勉強したくても、先生を見つけるのすら大変なのです。

なので以外に需要は大きいです。英語ができたらなおいいです。

外国人が日本語を学びたい理由

italkiで日本語の先生をし始めてから驚きがたくさんありました。

私の生徒の出身国は幅広く、中国、ボリビア、オーストラリア、ドイツ、イギリス、シリア、香港、アメリカ、日本在住の方まで本当に様々で、

こんなにも多くの国の人が日本語や日本に興味を持っていること自体に驚きました。

その中でも一番多い理由が、「日本のアニメや漫画が好きだから」でした。

また、日本の学校に交換留学したいから勉強したいっていう生徒もいれば、

日本語を学ぶことが好きだから、さらには将来日本で仕事をしたいから日本語を勉強したいっていう方もいます。

面白かったのはボリビアの20代前半の生徒で、将来、投資家ビザで日本とビジネスをしたいから勉強している方もいました。

彼がいうには南米の国の政治は不安定で投資できない、日本は地震とか津波とか災害が多いけど、政治は安定しているから投資したいとのことでした。

やはり災害国としての印象が強い日本

そしてボリビアの彼は20代前半で副社長をしているんです。すげー人がいるもんだ。

ボリビアで成功するにはコネが大事だそうですよ笑

こうやって外からみる日本の特徴を知ることで改めて、アニメや漫画が日本の文化であり、

災害が多い国で知られていると感じました。

さらに日本社会に興味をもつ香港の女の子と話していた時、でる釘は打たれると日本社会でよく聞くけど、日本人は礼儀が正しいし、列にも並ぶところが良いところだと彼女は言っていました。

こうやっていろんな国の生徒と接し、本当に様々な味方があり、日本人であること、日本語ができることが素晴らしいスキルであることに気づきました。👀

現在、italkiの授業では外から見る日本と中からみる日本についてトピックを決めたりしながら、最近はディスカッションしています。

外国と日本の違いについて何か知りたいことがあればコメントくださ〜い。🙂

例えば、教育、お金の話、文化の違い、結婚、ビザなどなど。

いろんな国の生徒に聞いてそれをまた記事にします✏︎

 

ではでは✌️

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)