▽◆about my note△■

The recent italki topics! ~①日本の教育~

 

はじめに

このブログをはじめてから約2ヶ月経過しました。

月に300ほどのユーザーが訪れるブログまで発展したわけですが、

全体の約50%が日本人で他は外国人です。

なぜかニュージーランドから見ている人が多いです笑

👇Google Analyticsのデータより抜粋。

ニュージーランドから見ている人が多いのは

おそらく、世界中でイギリスビザの遅延が起きている記事を出したからだと思っています。

関連記事:イギリスビザTier 5 世界中で大幅な遅延が起きている。

この記事の参考元はニュージーランド人のイギリスビザ事情が中心だったからです。

そしてブログが国際色豊かなのは、italkiで出会った生徒に自分のブログを紹介しているからだと思います。

日本語で書かれているので、授業の時の話題作りにもなります。💡

まだまだブログの分析には弱いのでGoogleAnalyticsを勉強しなければなりませんが・・・。

そして、italkiを通していろんな国の文化を知ることができるようになったのと同時に、

恥ずかしいことに私は、日本を全然知らないことに気づきました。🇯🇵

さらに彼らから日本の文化をもっと知りたいと言う希望が沢山あったので、

たまに日本と外国の文化の違いを紹介する記事を書こうと思います。

将来は英語ページも作ってみたいな〜と思っています。

〜いろんな国の人からのつぶやき〜

生徒の意見を参考にしています。

🇨🇳China からの声

「Google, Facebook, Line, Twitter等のSNSが使えない。」

 ※Yahoo Japanは使えます。しかし中国は情報の規制が強いです。

「大統領は次の次の年の大統領候補を指名できる」

「香港人は中国人に対して良いイメージを持っていない。」

 ※香港の学校で中国人留学生に対していたずらがあったりしたそうです。

「香港に行くとき、パスポートと別にカードのような証明書が必要」

 ※ちなみに香港は中国の領土です。

「台湾に行くときはパスポートとは別に二つの証明書が必要など、何かとめんどくさい。」

👇日本に行くときも中国はビザが必要です。

  中国 香港 台湾
日本へ旅行する際のビザの有無 必要 不要 不要

「政府に対してのデモができない、デモをするには政府の許可が必要なので」

「去年まで一人っ子政策だった。二人目の子供を産むと罰金が課せられる。男性が好まれていた。」

「私たちの世代は性格が悪いと言われる。」

 ※2016年1月から一人っ子政策は撤廃されました。

👇ひとこと👀

やはり一人っ子政策だったときは、跡取りが必要なため、女性よりも男性が好まれていました。

二人産むことで罰金を払わなければならないので、二人も子供がいる家庭はお金持ちだと思われていたそうです。

さらに私が話した中国出身の社会人は一人っ子政策で彼らの世代は性格が悪いと言われるそうですが、

学ぶ意欲がすごいです!ダンスできたり、日本語、英語喋れたり、IT詳しかったり、なんでもできる感じがします。

そんな一人っ子世代の中国人の個人的なイメージはスーパーサイヤ人です!笑

最近は中学生でitalkiで日本語を使いたい中国の女の子にレッスンをしました。

こんな幼いころからitalkiで日本語を学ぼうとしているわけです!

なので私の最近の口癖は「中国すげー」です。

それにしても中国の政策はとても強行で驚きです。

特にGoogleやFacebookが制限されているので、個人の意見も言えないし、考えもシェアしづらい環境です。

それだけ政府の力が強いのでしょう。

 

しかし、情報がそんなに制限されているのにも関わらず、中国は経済的にとても成長しているのは何故なのか、気になります。

🇭🇰HongKongの学生の声

「香港はGoogleやFacebookなどのSNSは使える」

👉香港は中国の領土ですが、中国は2047年までは特別行政区として、高い自治権などを与えています。

「第一言語は中国語ではなく、広東語」

👉そもそも香港は1997年まではイギリスに150年間統治されていたため、中国と文化が異なるんです。

 そのため、香港はいろんな国の文化に影響されています。

中国と香港、台湾の違いがいまいち分からない方はこちらのサイト、おすすめです。
ゴダラボ:中国・台湾・香港の違いをサルでもわかるように解説

👇ひとこと👀

現在、香港は中国の一部ですが、政治は中国とは異なっています。

そして香港の中国共産党支配が少しずつ強めているといわれています。

そのため、2014年に反中デモなどが起きています。

なぜ、反対するのかと言うと、

インターネットが普及している香港の若者は民主主義に対する憧れが強いからだと言われています。

🇧🇴Boliviaの副社長からの声

「コネ社会。上流階級の人たちとコネを作ることが大事」

👉実際に23歳で副社長、土地4つ持つほどの地位を持つ方とお話しました。

🇩🇪Germany出身の学生の声(ラトビアの大学に在籍中)

「ラトビアの物価はヨーロッパで一番安い」

「ラトビアの大学の授業料は無料」

👇ひとこと👀

この学生の方は現在ラトビアの大学に在籍中で、筑波大学に交換留学中です。

なぜラトビアの大学を選んだのか聞いたところ、ヨーロッパで一番物価が安いからだそうです。

バルト三国は比較的、ヨーロッパの中でも物価が安いそうです。

この方はオーストラリアにワーキングホリデーの経験があるドイツ人でした。

ワーホリ期間中はドイツの会社テレフォンセンターでリモートワークもしていたそう。

とても経験値が高かったです!

🇱🇹Lithuaniaの学生からの声

「フランスに留学した時に奨学金をもらったけど、返済不要だった」

👇ひとこと👀

EU圏内は教育に対してお金があまりかからない印象が伝わってきました。

ドイツなど、EU国内の学生には大学や大学院の学費が無料だったりします。

ちなみにノルウェーは公立大学の学費が国内・国外関係なく学生は無料です!!

英語のカリキュラムもあるので、外国人にとって魅力的ですが、物価が高いので、なんともいえないですね。

それに比べて日本は返済しなければならない、奨学金を借りている人がほとんどなので、大学卒業後、返済に追われます。

日本の教育についてピックアップ!

大学進学率は50%以上なので、ほとんどの高校生は大学に進学します。

しかしその半分が奨学金を受給します。

そしてその返済額は大学学部で平均313万円です、これは奨学金の種類によると思いますが。

なんせ、国の教育に対する援助が他国と比べて少ないのです。

👇国の公財政教育支出の対GDP割合比 日本は世界最低レベル。 

とういうわけで学ぶことに多大なお金がかかります。

その真実でさえ、日本に暮らしている限り、他の国と比べることがあまりないので、奨学金借りるのが当たり前、のような感じがします。

特に私立の医療系の学校は学費が高いです!👇 初年度にかかるお金です。

出典:Benesse:入学から卒業までにかかるお金

このように大学に入学して卒業するまでには高額な学費を支払わなければいけません。

そのため日本の奨学金延滞者の約半数は低所得のため返済できていません。👇

出典:日本学生支援機構

これじゃあ、ブラック企業に働いている人でさえも借金がある方は、辞めたくても辞められない環境ですよね。

過労死という言葉もなくならないわけです。

ただヨーロッパの国でも学費はかからないけど、税金がかなり高かったりします。

そういう場合、大学に行きたくない人は損な気もします。

どっちがいいのでしょうか。

👇日本と外国の消費税率(2017年1月)

出典:国税庁:日本と外国の税を比べると?

10%に消費税が値上げするとか、世間で騒がれていますが、世界規模で見ると日本の消費税率はとっても低いんです。

ただ数%上がるだけでも、たとえそれが教育にどれだけあてられるのかは、不透明で生活への影響が大きく感じられるのも事実です。

おまけ 〜外国からみる日本の文化の特徴〜

🇭🇰HongKong → 🇯🇵Japan

「【出る杭は打たれる】とよく聞く。」

「集団行動が多い。」

「礼儀が正しい。」

🇧🇴Bolivia → 🇯🇵Japan

「食べ物が美味しい。」

「地震や津波が多いけど投資したい」

🇱🇹Lithuania → 🇯🇵Japan

「働きすぎなのが日本人のステレオタイプ」

などです!

どんなご意見も募集中です☺️

4 Comments

ミミ

こんばんは、初めまして!
ニュージーランドからのアクセス数を伸ばしているのはきっと私の仕業だと思いますw
私も違うカテゴリーですがUKビザを申請中で、なかなか返事が来ずに色々な方のブログを見ていたときにここへ辿り着きました。
15working dayで結果がくるということで仕事も辞めてしまったので本当に困っています。。
お互い早くいい返事が聞けるといいですね^_^

返信する
kids7

初めまして。コメントありがとうございます。 ビザが来ないのって本当に不安ですよね。私もいろんな方のブログをあさりました!笑 ミミさんはいつ申請されたのですか?

返信する
ミミ

私は7/3にEEA family permit というビザを申請しました。指紋を取りにいったときと受理しましたのメールで15working dayと言われたのでそれを信じていたのですが、あとからprocessing timeを調べてみると30working dayで100%となっていました。。一応8/17で30日目になるのですが、どうでしょう(´-`).。oO旦那が何度か問い合わせをしてくれてin 2days と言われてからもう1週間以上経ちました。。笑

返信する
kids7

100%は本当にあてになりません。私もビザセンターの2週間で98%帰ってくるっていうのを信じていましたが、100%で返ってくるはずの60日営業日(8/16の今日)になったのにも関わらず、何も連絡が来ていません。これは世界中で同じようなことが起きているのでミミさんだけではないです!そして昔からこのようなことがあるにも関わらず改善されていません。私は今日、イギリスの滞在先の会社に連絡し、UKVIにもう一度問い合わせてもらうようお願いしました。また何か情報がわかり次第、アップデートしますね! お互い不安ですが辛抱強く待ちましょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)