▽◆about my note△■

ありえないイギリスビザ事情(ブラック口調ですいません。)

最近、この方のブログを読ませていただいています。
 
 
本当に
 
 
本当に
 
 
本当に
 
 
長かった。
 
 
 
もう一生連絡なんてこないんじゃないかって何度も思った。
 
 
この苦しみが永遠に続く気がした。
 
 
毎日病的なまでにメールをチェックする生活が当たり前になってた。
 
 
メールチェックする度に落ち込むんだけど、期待度ほぼ0だったので、落ち込んでる割にはやっぱりねって感じで変に納得してる自分もいたりなんかして、よく分からない精神状態だった。
 
 
 
友達に
 
 
「VISA取れた?」
 
 
とか
 
 
「まだVISAでないの?どうしてこんな時間かかってるの?」
 
 
って言われる度にイライラしたりプレッシャーを感じるようになった。
 
 

だから誰とも会いたくなくなっていった。

 
 
この方は、フィアンセVISA取得までにかかった期間/Non-Priority: 81営業日だそうです。
 
とてもこの方の気持ちが分かります!本当に同じ気持ちで不安でいっぱいです。
 
いつメールがイギリス政府からくるのかわからずヒヤヒヤしてて、メールチェックは欠かさず毎日していますが、
 
気になりすぎてネレナイ。
 
よく「いつイギリスに行くの?」や「まだ日本?」
 
と言われることが多いのですが、親しい友人でさえ、こういった質問がくると、イライラしてしまうこの不安定な精神状態です。
 
この時期だけはなんで人に優しくなれないんだろう。本当に申し訳ないです。
 
出さないように我慢してますが、ブログで現在吐き出しました。
 
なんせイギリスビザ申請したのは5月23日。
 
通常は2週間でビザが戻ってくるそうですが私はもはや3ヶ月も経過しそうです。
 
とても異常な状態。
 
本当にイギリス政府(UKVI)に対する怒りが半端ないです。
 
7/13に私の滞在先の会社(Volunteer Matters) のManagerがUKVIに連絡を取ってくれてその内容を伝えてくれた時のメール👇です。
 
They advise that Your application is still awaiting a decision and whilst it is unusual, is still within the 60 day processing time for Tier 5 Charity Workers visa. Therefore your application cannot be escalated at this stage.
You should contact them if you hasn’t heard further after 60 working days i.e. 16th August.  There is nothing we can do as a sponsorship licence holder to escalate the process. They also stated that there was no highlighted reason why there is a delay with this particular application. 
 
”UKVIは通常とは違うけどまだ申請は決定を待ち続けている最中で、まだTier5のビザの60営業日以内だと言っていた。なのでこの段階であなたの申請を早めることができない。
営業日60日の8月16日に何も連絡がなければ、あなたは彼らに連絡するべきだ。
スポンサーライセンス保持者としてその過程を早めるために私たちにできることはないんだ。
彼らはなぜこの申請が遅れているのか、特別強調する理由はなかったとも言っていた。”
 
UKVIでTier5のビザが100%くるはずの8/16は過ぎ去りました。
 
しかし、何もUKVIから連絡がありません。
 
問い合わせ用のメールを送信しましたが、返信も返ってきません。
 
そしてどうやら英国政府によると2017/6/1から全てのビザに関する問い合わせは民間業者のStiel UK Ltdによって行われ、直接英国政府が対応しないと通知がありました。
 
英国政府がビザの問い合わせを民間に委託した理由として「政府の費用を削減し、英国の移民に最良の方法で貢献できるため」としているそうです。
 
なるほど、どうりでお問い合わせをしても全部無視、電話をかけても具体的な内容は知らないから教えられないのか。
というかもはや最初に返信がきていたメールも定型文なのではないかと疑う感じ。
 
マニュアルどうりの対応なのでは?
 
というか、こんなに多くの人がビザで遅れて困っているのにも関わらず、業者を使って問い合わせをするのにもお金をかけるって、どういう脳みそをしているのか。
 
何度も言いますが、この問い合わせのためのメールサービス一回につき£5.48(約800円)を支払います。
 
それをビザの遅れで困っている多くの人が使っているとなるとすごい移民ブラックビジネスだ。
 
ついさっき知ったことですが、問い合わせサービスをこの民間企業に頼む6/1まで、無料で日本語を含む全ての言語での問い合わせが可能だったらしいです。
まじか。
 
最悪のタイミングでビザ申請したものだ。
 
さすがにこのままではやばいと思い、再度UKVIにメールするも無視。
 
仲介してくれるCECから連絡がきて、中日英国大使館に連絡してみるのはどうか、と提案があり、電話するも自動対応で同じ民間業者の問い合わせページに誘導されます(ブラック移民ビジネスのね)。
 
そして最終的に滞在先の会社VMのVolunteer Managerに事情を話し、UKVIに連絡してもらえることに。
 
I completely understand that you are frustrated about the situation and I know that they are looking forward to having you there too. I have asked my colleague who deals with UKVI to contact them again to see what their response is this time and to see if this can now be escalated. She will contact them today.
I will let you know as soon as I have further news.
 
“私はあたたがこの状況にイライラしていることを知っているわ、滞在先の担当する人、同僚もあなたがここにくることを楽しみにしている。UKVIの件を取り扱っている私の同僚に彼らに再び連絡して回答はなんなのか、早めることはできるのか聞いてもらうわ。彼女は今日連絡するつもりよ。私はできるだけ早く新しいニュースをあなたに知らせるわ。”
 
そんな状況なうです。
 
今日はブラックでした。すいません。
 
こんな日もあるよね。
 
ただ、自分の状況を理解してくれて暖かく声をかけてくださった方もいたり、アドバイスをいただいたり、そういう優しさに本当に感謝です。
 
そしてこのビザ事情をブログに語ることで誰か同じ境遇で困っている人の役に立てばと思っています。
 
ビザ関連記事
最新イギリスビザ情報 〜匿名OK! 掲示板としてご活用ください〜
移民からどこまでもお金を搾取しようとするイギリスビザの実態。
UKVIに電話で問い合わせをしたみた。| 国際通話料を安くするには?
やっとお問い合わせの返事がUKVIから返ってきました(T ^ T)
イギリスビザの遅れ、本当は何が問題なのか、考えてみた。
ありえないイギリスビザ事情(ブラック口調ですいません。)
イギリスビザTier 5 世界中で大幅な遅延が起きている。
イギリスビザを待ち続けて2ヶ月経過。私のビザ奮闘年表。
神降臨。現地の受け入れ団体が UKVIに問い合わせてくれた😭
実はこのブログは何も始まっていない。イギリスビザはpriorityを使うべし。
イギリスビザを待ち続けて5週突入。
IELTS テストが受けれない!イギリスビザ申請する上での注意事項。
イギリスビザが3週間たっても届かない!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)